ダイナパック株式会社 福島事業所

 

ダイナパックは、21世紀に生き残るだけの企業でなく、厳しい競争の中でも発展し、顧客・株主・社員を含めた社会全体に貢献いたします。

ニュース

事業内容・アピールポイント

主要製品・技術

製品・技術名 特徴

段ボール

軽量かつ強靱、そして低コストな段ボール製品。波形の中芯原紙がクッションとなり、箱の中の商品へのあたりが柔らかいので、商品を痛めにくい特性も備えています。
また段ボールは、その大半がリサイクルされ、地球環境にも配慮した省資源資材です。段ボール素材の加工により、耐水性にも優れた製品もラインナップしています。

印刷紙器

印刷紙器は、機能面で優れた包装資材であると同時に、店頭で消費者に購入をアピールするものでなくてはいけません。
デザインと機能で、他商品との差別化を実現し、より印象的、個性的な印刷紙器を創造していきます。

パルプモールド
(ハイモール)

パルプモールド(ハイモール)は段ボールや新聞の古紙を主原料として製造する紙製の成型品です。
高い成型精度とリブ構造により、化成品緩衝材に劣らないクッション性と耐荷重性があります。積み重ねも可能で、保管スペースの容積を小さくする事が出来るので積載効率が上がり物流や倉庫保管の経費削減に貢献します。

段ボール緩衝材

内容物を外部からの衝撃・振動から保護する為に段ボールシートを打ち抜き、組立加工をすることで商品を安全に輸送することが出来ます。包装される商品の形状・物流条件に合わせて最適な段ボール緩衝材を提供します。使用後は段ボール製のため段ボール古紙としてリサイクルできます。

保有機械・設備

機械・設備名 特徴・仕様・能力 台数

コルゲートマシン

段ボールシート貼合機

フレキソフォルダーグルアー

段ボールケース製函機

フレキソ5色印刷機

段ボールケース製函機

フレキソダイカッター

段ボールケース製函機

オフセット印刷機

印刷紙器製品印刷機

事業実績・取引先

取引先・・・福島キヤノン・ソニー・全農・アルプス物流 仕入先・・・レンゴーペーパービジネス・東京紙パルプ交易、丸紅紙パルプ販売

企業概要

住所  960-0101
福島市瀬上町字南中川原1の1
電話  024-553-1124
FAX  024-553-1129
e-mail  
代表者  代表取締役 杉山 喜久雄
創立・創業(西暦)  1948年11月
資本金  40億円(企業全体)
従業員数  121名(福島事業所)、1,500名(企業全体)
業種  パルプ・紙・紙加工品
加工種 紙加工
資格取得状況  ISO9001・ISO14001
ホームページ  http://www.dynapac-gr.co.jp

[最終更新日]2016/02/22

コメントは受け付けていません。